モビット

モビットの詳細はこちら

 

モビットは消費者金融の中でも比較的新しくて、銀行と消費者金融と信販会社の3社の共同出資で設立された消費者金融です。

 

設立時の銀行は再編が進んで今はありませんし、銀行などとの資本関係も色々と変わっているようです。

 

以前は「三菱東京UFJ銀行系」を表に出していたことがありますが、2016年現在では「三井住友銀行グループ」となっています。

 

プロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の100%完全子会社なんです。

 

モビット(Mobit)の社名の由来は有名で、というか企業情報としてしっかり紹介されていて、Money(マネー=お金)とMobile(モバイル=移動体)からMoをとり、bit(ビット=データ通信の単位)とを掛け合わせた社名となっています。

 

つまり、移動端末やデジタル時代での新しい金融サービスの提供をするという位置づけで設立された消費者金融です。

 

そのため、他の消費者金融や銀行に先だって、「WEB完結」申込みサービスをはじめたのは、このモビットです。

 

WEB完結サービスは、どちらかというと預金口座のある銀行のほうが提供しやすいサービスなんですが、消費者金融であるモビットがはじめたんですね。

 

どうして銀行がWEB完結サービスをしやすいかというと、預金口座を開設すると個人情報や勤務先情報まで登録されますので、それで本人確認や在籍確認がしやすくなるからですね。

 

預金口座のない消費者金融は電話や書類などによって、それらの確認が必要になりますので、WEB完結をする方法は簡単ではないわけです。

 

そこでモビットは、返済方法を三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座引落のみにすることと、かつ社会保険か組合保険に加入していることを条件にして可能としたわけです。

 

ちなみに親会社のプロミスや、アコム、アイフルなどが提供する一定期間無利息サービスはモビットでは提供されていません。

 

モビットの詳細はこちら