方法

カードローンでお金を借りるのって誰にもバレたくないですよね。

 

バレずに借りるのOK!

窓口や無人契約機に行くのを誰かに見られるかも知れないし、郵送物を家族に見られてバレるのも心配です。

 

でも今のカードローンって誰にもバレずに契約できて、お金を借りることが出来るんですよ。

 

つまり、部屋から外に出ることなく、郵送物もなしでカードローンを契約できて、お金を借りることが出来るんです。

 

この方法は「WEB完結」などと呼ばれ、だいたい次のような流れになります。

バレずにお金を借りる方法
  1. ネットから申込んで
  2. 申込み確認はメールで届いて
  3. 本人確認資料はネットで送って
  4. 会社の在籍確認は書類でできて(※)
  5. 審査結果の連絡はメールで届いて
  6. 契約はWEB上で出来て
  7. ローン用のカードは発行せず
  8. 銀行口座への振込みでお金を借りる

※場合によっては職場への電話確認が必要となります。

 

バレずに借りれる金融会社

消費者金融のカードローンで、この方法でバレずに借りることができるのは、現在プロミスモビットになります。

 

プロミスの場合は申込みの中で選択肢があり、WEBで完結できるように選択していくことになります。

 

モビットの場合は申込みボタンが異なっているので、ホームページの「WEB完結申込」から申込むことになります。

 

また、プロミスは通常の申込みと条件はほとんど変わらないのですが、モビットは条件がありますので注意が必要ですよ。

 

モビットの場合は、社会保険に入っていて銀行口座は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に限られていますから。

 

つまり、書類(保険証)で在籍確認ができて、銀行口座で身分の確認ができるので、電話なしで契約ができるわけです。

 

プロミスの場合は、在籍確認は原則電話確認となっていますが、申込み後に在籍確認の方法について相談することができます。

 

書類で在籍確認する場合は、保険証は必要になると思われますので国民健康保険の人は、書類での在籍確認は難しいかも知れませんね。

 

とはいえ、職場への在籍確認の電話は個人名でかけてきますし、本人が勤めていることが確認できれば良いので、本人がその場にいる必要もないので、お金を借りることがバレる心配はまずないと思いますが・・・。

 

カードローンと言えばカードを使ってATMでキャッシングするからそういう名前なのですが、実はプロミスとモビットではカードレスにできるんですよね。

 

カードがないということはATMでキャッシングすることはできませんし、毎月の返済も口座振替ということになります。

 

プロミスはほとんどの金融機関での口座振替が可能となっていますが、モビットの場合は申込み条件にあったように三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に限られています。

 

お金を借りるときは銀行口座に振り込んでもらいますが、振込口座は事前に登録が必要となっています。

 

そしてプロミスの場合は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録しておけば、ネットバンキングで24時間365日いつでもすぐに振り込んでもらうこと(瞬フリ)ができるんですよ。

 

利用状況の確認も書面ではなくホームページでの確認が可能なので、郵送物が届くことはありません。

 

プロミスでは申込みの選択肢の中で「カードなし」や利用状況は「ホームページで確認」を選びますが、モビットの場合「WEB完結申込」から申込むと自動的にカードレスやウェブでの確認となります。

 

詳細はこちらで確認ください。

 

こんな感じで、WEB完結による申込み方法は、通常の申込みより多くの情報を入力する必要があるので、時間が少しかかると思っておいたほうがいいでしょうね。

 

また、最近は銀行のカードローンでも、三井住友銀行やイオン銀行など「WEB完結」が可能な商品が出ているので、バレずに借りることができるようになっています。

 

銀行のカードローンでバレずに借りるのであれば、こちらに人気のカードローン一覧がありますのでチェックしてみてください。

 

銀行の場合は消費者金融と違い、カードローンと分からなければバレることを心配することもないと思いますけどね。。

 

職場への在籍確認電話も銀行名を名乗ってかけてくるのが普通となっていますからね。

 

ここ最近は銀行のカードローンの利用が急激に増えているみたいですが、銀行は総量規制の対象外なので借り過ぎに注意が必要です。

 

消費者金融の場合は総量規制があるので、複数のローンを契約しても全部で年収の3分の1までしか借りれず、借り過ぎの歯止めにもなるのでおススメです。

バレずに借りるとき・・・

バレずにお金を借りるときってどういうときでしょうか。

 

誰もが何らかの理由でお金を借りていると思いますが、多くの人は堂々とお金を借りていると思います。

 

それは、住宅ローンであったり、リフォームローンであったり、マイカーローンであったり、教育ローンであったりします。

 

そういうローンは、ある目的に対してお金を借りる「目的型ローン」というもので、多くの人が必要とする目的であり、金利も低金利となっているのが特徴ですよね。

 

バレずに借りる

でも誰にもバレずに借りたいローンというのは、お金を使用する目的が自由なカードローンのようなものです。

 

カードローンは目的が自由だけでなく、利用限度額の範囲内ならいつでも借りることができる便利さの反面、金利が高くなっています。

 

消費者金融は昔「サラ金(サラリーマン金融)」と呼ばれた時代もあり、あまり良くないイメージもありましたよね。

 

でも今は大手の消費者金融は銀行の傘下に入っていて、法外な利息を請求されることもなく、無茶な取り立てがあるわけでもないです。

 

でもやはり、目的もなく高い金利のローンを借りるのは後ろめたい気持ちになりますよね。

 

だから、消費者金融のカードローンはバレずに借りることが必要とされているのです。

 

ただ、銀行のカードローンだって消費者金融に比べれば少し金利は低いものの、ほとんど消費者金融のカードローンと変わらないです。

 

保証会社だって消費者金融がやっているという事実も知っておかないといけませんよね。

 

銀行だからといってバレる心配はぜずに堂々とカードローンを申し込む人がいるかもしれませんが、総量規制もないので、気が緩んで借り過ぎることのないようにしないといけませんよね。。

 

家族にバレすに借りる

カードローンって家族に話して申し込む人ってどのくらいいるのでしょうか?

 

話するとしても、内緒にしていたのが何らかの理由でバレてしまったか、ほとんどが事後報告なのではないでしょうか?

 

家族にバレるパターンとしては、郵送物か、借りているところを見られるか、カードを見られるか、あと何か高い買い物をして怪しまれるとか、まぁ色々あるでしょうね。

 

生活費を渡してしまうと自分の小遣いがなくて、仕方な申込む人って多いと思います。

 

男としては、金がないので生活費を少なくしてくれとは言いたくないですからね。

 

見栄を張って、たくさんの生活費を渡してしまうので、バレずに借りるなんだと思います。

 

会社にバレすに借りる

会社にお金を借りていることをわざわざ話す人なんていないとは思いますが、住宅ローンとはマイカーローンなら話すかも知れませんね。

 

でもカードローンとなると絶対に内緒にしておくでしょう。

 

ところが、カードローンの審査では基本的に在籍確認というのがあるので、電話がかかってくるとバレるのではなないかと心配になりますよね。

 

いくら個人名で掛けてくるといっても、絶対にバレないという確証はありません。

 

まぁ相手は電話のプロで、これまで何度も在籍確認の電話をしているのでしょうから、いろんな応対でうまく対応してくれているんだとは思いますけどね。

 

確実にバレずに借りるためには、やはり電話は職場にないローンがいいですね。